珈琲哲学

クラシカルな空間にこだわりの珈琲と素敵なスイーツ。珈琲専門店「珈琲哲學」松本店・あづみ野店。

会社概要採用情報サイトマップお問い合せ

珈琲哲学 松本店・あづみ野店

落ち着いた雰囲気の中でワインを楽しむ

珈琲哲學松本店・あづみ野店では、長野県産のワインをお楽しみいただけます。
ワインは地元の風土を色濃く反映するもの、珈琲哲學では地元産にこだわり、松本・塩尻・安曇野産をメインに品揃えしております。
お楽しみいただいたワインの中で気に入ったものがございましたら、併設する売店でお買い求めいただけます。

地元塩尻の遊休荒廃葡萄畑を再生したい

塩尻ファーム珈琲哲學松本店・あづみ野店を経営する塩尻建友では、塩尻市内の遊休荒廃農地の再生を図るため、塩尻ファーム立ち上げ葡萄の栽培事業を始めました。農家の高齢化と後継者不足で栽培が放棄された葡萄畑が増えつつある中で、「遊休荒廃農地の解消に役立ちたい」と始めたもので、主にメルローを栽培しています。
従業員が植えた葡萄が美味しいワインができる品質になるのには10年くらいかかりますが、収量が上がればワインにして販売する予定です。
塩尻建友では、これまでにも塩尻産の米粉でピッツァを作るなど、地産地消に取り組んでおり、「葡萄栽培は息の長い事業になるが是非成功させたい」と頑張っています。

地元塩尻の遊休荒廃ブドウ畑を再生したい

塩尻ファームの葡萄でつくるおいしいワインをお届け

塩尻市は雨が少なく日照時間が長いうえ、火山灰土が堆積した土壌で水はけがよく、葡萄の栽培に適した土地です。明治23年に栽培が始まり、明治31年にはワインが醸造され、今では長野県産ワインの約80%を占める名醸地となっています。
ワインの品質の約90%は葡萄で決まると言われていますが、寒暖の差が大きい当地で生産される葡萄は、糖度と酸度のバランが優れていることが特徴で、現在では、国内はもちろん世界的にも注目され高い評価が定着してきました。
哲学ファーム 当社では専属の栽培担当者がきめ細かく管理して上質な葡萄を生産しており、将来的には自社畑の葡萄100%で醸造した「珈琲哲學ブランド」哲學ファームのおいしいワインを皆様にお届けいたします。

自社畑のブドウでつくるおいしいワインをお届け

葡萄畑オーナー募集

当社の塩尻ファーム(葡萄生産部)では、地元塩尻の一部に見られる、後継者不足から荒廃した葡萄畑を再生させ、そこで栽培した葡萄を使いレストランでお客様に商品として提供したいと事業を進めています。
そうした中で、お客様に葡萄とより触れ合っていただこうと、この度「葡萄畑オーナー」を募集することになりました。
葡萄は、ワイン加工用の「メルロー」と生食用の「シャインマスカット」または「ナガノパープル」を予定しております。
皆さんもオーナーになってご自分の葡萄の木を持ち、育ててみませんか。

詳細は、こちらをご覧下さい。

ブドウ畑オーナー募集

塩尻ファーム 、哲學ファーム商標登録出願中

 

Loading...